サロン衛生・消毒

当サロンは衛生面における消毒、美容所としての規定をしっかりと守り営業しておりますので安心してご来店ください。

1.

お客様の皮膚に触れるものは全て使い捨てています。

ワックスペーパー、スパチュラ、防水ベッドシート、グローブは完全使い捨てています。

2.

スティックの2度付けはしない。

スパチュラも1塗り毎に取替え施術を行っています。

3.

破棄出来ない物は一人毎に洗浄し、紫外線消毒器に入れる。

ツイザー・トレー・はさみ・ピンセット等の使い捨てできないものは洗浄後、紫外線消毒器に入れ、お客様使用前にはエタノールにて滅菌しています。

4.

ごみ箱は一人ずつ取り替える。

衛生環境のためと使いまわしをしていない証明です。

 


当店での徹底

サロンには紫外線消毒器と消毒用エタノールを設置し、完全に近い衛生を保ちます。
美容師法第23条にあります消毒法の中で当店が行える消毒衛生

1.

紫外線消毒
20分間以上1平方cmあたり85マイクロワット以上の紫外線を照射することをいう。

2.

エタノール消毒
エタノール水溶液(エタノールが60%以上81.4%以下である水溶液以下この号について同じ)中に10分間以上浸すこと。
又はエタノール水溶液を含ませた綿もしくはガーゼで器具表面を拭くことをいう。

3.

洗浄 ⇒ 紫外線消毒 ⇒ エタノール消毒
上記の工程を確実に行うことで衛生が完全になるよう努めています。

 

サロン衛生法

美容師法施行規則(昭和32年厚生省令第43号)

第23条(消毒の方法)

第23条 法第8条第2号に規定する消毒は、次の各号によらなければならない。

1.

紫外線消毒

(20分間以上1平方cmあたり85マイクロワット以上の紫外線を照射することをいう)

2.

煮沸消毒
(沸騰後2分間以上煮沸することをいう)

3.

蒸気消毒
(10分間以上摂氏80℃を超える湿熱に触れさせることをいう)

4.

エタノール消毒
(エタノール水溶液 [エタノールが60%以上81.4%以下である水溶液以下この号について同じ] )
中に10分間以 上浸すこと。又はエタノール水溶液を含ませた綿もしくはガーゼで器具表面を拭くことをいう。 

5.

塩素系薬剤消毒
(次亜塩素酸ナトリウムその他の塩素系薬剤の水溶液{有効塩素濃度が100万分の100以上、100万分の500以上である水溶液})中に10分間以上浸すことをいう。

6.

逆性石鹸消毒
(逆性石鹸水溶液 [逆性石鹸製剤 1%、水 99%] )中に10分間以上浸すことをいう。

7.

クルコン酸クロルヘキシジン消毒
(クルコン酸クロルヘキシジン水溶液{クルコン酸クロルヘキシジン製剤 1%、水 99%] )中に、10分間以上浸することをいう。

8.

クレゾール水溶液
(クレゾール水{日本薬局方クレゾール石鹸液 1%、水 99%})中に10分間以上浸すことをいう。

9.

両性界面活性剤消毒
(両性界面活性剤消毒剤製剤 1%、99%)中に10分間以上浸すことをいう。

 

衛生管理自主基準チェック

項目 内容

【清掃】

※2・3には石鹸、

消毒液などを備える事

①作業場 
②手洗い設備
③器具等洗い場
④廃棄物の適正な処理

【点検および管理】

5・6・7は定期的な

電気機器の点検および

清掃を含む

⑤証明
⑥快適な室温
⑦サービスで使用する機器類
⑧揮発性溶剤等の管理(ワックス剤・消毒液など)

【消毒】

⑨金属器具類の適正な消毒
⑩お客様お一人ごとの衛生措置
【管理】 ⑪器具類・布片類
⑫消毒剤の適正な管理
⑬紫外線消毒器等の適正な管理

【身だしなみ・

健康チェック】

⑭清潔な外衣と身だしなみ
⑮健康状態(感染性疾患にかかっていない)
⑯適切な手指の衛生措置
【個人情報】 ⑰個人情報の適切な管理