ブログ 登山

【日々の事】初日の出登山

皆様、よい新年をお迎えの事でしょうか。

昨年は災害の多い年であり、私事的には物がよく壊れる一年ではありましたが、幸いにも事故・事件に巻き込まれる事無く、また不幸な出来事も無く無事に過ごす事ができた一年でありました。

2015年は飛躍の年にすべく新しい事に挑戦したり、また、40代最後の年でもありますので健康に気を付けて行きたいと思います。

応援の程宜しくお願い致します。



さて、今回の本題です。

初日の出をどこで見ようかと前日あたりから思案を巡られていました。

最初は高尾山あたりを考えていましたが、激混みな感じがしたので東京都日ノ出町にある『日の出山』に行く事にしました。

日の出山なんて名前からして日の出を見るための様な山(笑)

今回は最短ルートかつ登山口に温泉のあるルートを選択。

年末31日深夜に最後の仕事を終え、AM2時30分頃に出発。

4時に登山口に到着すると、駐車場には車が数台停まっているのみ。

たいして混んでなさそうなので安心。



 

準備運動を済ませClimb On





ヘッドランプの灯りを頼りに真っ暗中を登っていくと、普段着の中学生らしきグループや親子連れと遭遇。

高尾山などでは予想された光景ですが、道は整備されてはいるとはいえ、真っ暗な中の登山はリスクを想像しますが、地元の人達にはそうでもないようで。







トレーニングと冬山登山のザック運用を兼ねて、45Lのザックの中にザイルやカラビナ一式、外にはヘルメットやピッケル・ダブルストックなど、数時間の登山に超本気な姿は、手ぶらで普段着の人達の中では浮いた感じでした(笑)

 




山頂に着くと思ったよりも大勢の人で山頂は埋め尽くされていて驚きました。







東側にはさえぎる物が無く、まさに日の出を見るには最高のロケーション。

眼下の夜景がとても綺麗でした。






山頂の気温は-3℃

風が無いのが救いですが、じっとしているとやはり冷え込んできます。

場所を確保し、お湯を沸かしている間にダウンやフリースなど持ってきた防寒グッズを着込んで汗をかいた身体を冷えない様に対策。

一番冷えたのは足の指先でした。

僕の靴は3000m級の山を踏破できる登山靴で、ちょっとした雪山くらいなら平気な靴なのですが、動かしていないと指先の感覚が無くなるほど冷えました。

コーヒーやスープで暖をとりつつ日の出の時間を待ちます。





そしてついに日の出の時刻!!

が・・・東の空には雲がかかっているため、なかなか顔を出しません。

約30分遅れでやっと太陽が顔を出し、完全に日が昇ると機ぜずして『バンザーイ』と歓声があがりました。

 

穏やかな2015年の夜明けです。

この夜明けの様な穏やかな一年であって欲しいと思う反面、飛躍のために激しく燃える一年でもありたいと思うのでした。

 


 



それにしても頂上にはグループやカップルが多く、一人で登っている人はほぼ皆無。

なんだか超寂しい人みたいになってた僕でした(泣





下山後には冷え切った身体と心を温めるべく温泉を楽しみに下っていきます。

その名も『つるつる温泉』

アルカリ性の泉質の効能でお肌がツルツルになる事からこの名前が付いているようです。

下りの長い舗装路に膝を痛くしてしまい、温泉でその痛みを癒す事を楽しみに辿り着いた『つるつる温泉』

しかーし、考える事は皆同じ。

受付には既に長蛇の列。

これだけの人数が一度に入れば、洗い場も混雑。湯船も芋洗い状態であろうと、ここを辞めて自宅近くのスーパー銭湯に行く事にしてこの場を後にしました。

 

来年はもっといいプランで初日の出を見ようと思ったとさ。

 

 

 

 

おしまい。

【登山】両神山

2014年11月28日~29日

両神山 1723m 埼玉県

 

 

 

11月28日(金)

先日、自分自身の充電のために登山へ行ってきました。

登山計画を立てる時間が無かったので、近場で以前登った山で比較的安易に登れる山と言う事で、 行先は両神山(埼玉県 1723m)にしました。

前回登ったのは2008年12月。

早くに登り始めれば日帰りで登頂出来る山なのですが、出発が遅いぶんテントで1泊と前回と同じプランで登ります。

 



AM10:00

登頂開始です。

まずは登山口で登山届を出します。

先日の御嶽山の噴火でも、届が出ていない事での混乱と捜索活動に支障が出たようですので、山に入る際には届をしっかりと出しましょう。

 

 

 

登り始めの標高の低い所ではちょうど紅葉していました。

 

 

 

 

登山道はさながら赤い絨毯のようで、歩き心地もフカフカで気持ちが良かったです。





川の水もとても澄んでいて、そのまま飲めそうなくらいに綺麗でした。

夏だったら間違いなく水浴びをしてますね(笑)





ログハウス風の小屋が見えてきました。

ここが今夜の宿泊地になります。

以前は営業していた山小屋だったのですが、現在は営業しておらず避難小屋として開放されています。

 

 

 

 

14:10 テント場到着

20分ほどでテント設営完了。

 

日帰りが出来る山なので、前回登った時には泊まったのは僕一人。

シーーーンと静まりかえった夜中にテントの周りをカサカサと歩き回る動物の足音で目が覚めた時にはチョーーーー心細かったのを覚えています。

さて今回はと言うと・・・、これまたひとーーーり。

 

テン場に到着後すぐに設営し、お湯を沸かし梅酒のお湯割りで温まります♪

一息ついたところでリラックスできる服装に着替え、夕食の準備にかかります。

 

 

 

16:40 夕食

夕飯は冬の定番となりつつある『もつ鍋!』と牛飯。

 

 

 

23:20

少し酔いが回りうたた寝した後に目が覚めると・・・外で獣の鳴き声がっ!

外に出てヘッドライトで周りを照らすと、遠くで光る動物の目が8つ!

恐らく鹿であろう動物が4頭ほど居るようです。

 

ふと空を見上げると星空がキレイに広がります。

以前白馬岳に登った時に見た星空は、星座が分からないくらいに星が多く、天の川もハッキリと見えて、人工衛星まで見えるほどに凄い星空でしたが、やはり関東圏では見える星も少なくなってしまいますね。

とは言え、この辺りまで来ると都心部よりも沢山の星が見えます。

 

漆黒の闇の中、聞き慣れない鳥や獣の鳴き声が響き渡り、途中で見た『熊出没注意』の看板が昨年鹿島槍ヶ岳でテントが熊に襲われた事が脳裏をかすめ、『熊が来たらどうしよう!!』と、ちょっとドキドキした夜でした。

 

 

 

 

11月29日(土)

翌日は明け方から雨がパラつくあいにくの天気でしたが、途中で止む事を期待して山頂を目指します。

 

 

 

通常は狛犬ですが、ここ両神山では狼が番をしています。

 

 

 

途中鎖場がいくつかありますが、大した事は無いので難なくクリアしていきます。

 

 

 

 

以前来た時に比べて、新たに階段が設置されていたりして、より登りやすくなっていました。

 

 

 

途中パラついた雨も、ちょうど山頂に着くころには雨も一休み。




 

 

無事山頂Get!!

両神山 1723m

 


  

コーヒーを淹れて山頂からの景色を堪能。







一瞬射した日に虹も姿を現し、雨が降り出した時には山頂は辞めようかと思いましたが、諦めずに来た甲斐がありました。





しっかりと山頂を堪能した後下山開始。

テン場に着く頃にはどしゃ降りの雨になっていましたが、テントを撤収して炊事場で昼食を取り終る頃にはまた日が射してきました。

 

 

今回も無事に下山出来て感謝感謝。


夕方から予約があったので、恒例の下山後のお風呂は残念ながら見送りでした。




しっかり放電と充電ができたので、残り僅かとなった年内のお仕事に向け気持ち新たに取り組んで行きますので、皆様のお越しをお待ちしています。

登山 五竜岳・鹿島槍ヶ岳

この週末は登山へ行ってきました。
行先は、
五竜岳 2814m 富山県
鹿島槍ヶ岳 2889m 長野県・富山県
を回る2泊3日テント泊

 

 

2012_0818_030317dsc_0248テント装備のザック
総重量は24kg
テント泊は最後に行ったのが2010年9月の焼岳以来。
実にほぼ2年ぶり。
今回はテストも兼ねて使わない装備が5kg程。
久々でこんなに重い荷物を背負えるのか・・・・。

 

 

 

8月18日03:00
予定より遅れて出発

 

 

2012_0818_0618_dsc00659夜が明けても空は真っ白。
晴れてくるのを期待しつつ目的地を目指します。

 



2012_0818_0658_dsc0066107:00 五竜とおみスキー場P到着
雲が晴れたり曇ったりをくりかえしつつも、まずまずの天気。
既にロープウェイが動いていたので、そのまますぐに出発。

 



2012_0818_113543dsc_025511:35
おにぎり&コーヒーで昼食を堪能していると、何やらポツポツと。
遠くではゴロゴロthunder
慌てて完食&撤収を済ませ、雨具を着る頃にはドシャブリ。
オマケに雷も近づいて来た!shock
雨は凄まじかったけれど、雷も無事やりすごし、一安心。

 

 

 

Dsc00696と思ったのもつかの間。
ゴロゴロと次の雷が迫ってくる!

 

 

 

Dsc00705目的地の山小屋は見えてはいるけれど、一山超えてあと1時間ほどはかかる。
近そうで遠い山の小屋。脚と雷どちらが早い??
まぁ、雲の方が早いだろうと心の準備をしつつ歩き続け・・・・

 

 

 

2012_0818_155834dsc_025815:00 
うまい具合に雲もそれて無事に小屋へ到着。
テントを張って寝床を確保し、

 

 

 

Dsc00709歩いた後の一杯がウマイ!!

 

 

 

Dsc00718夕飯にはお肉!!!しかも国産和牛!!!!!

を用意していたのだけれど・・・・
何やら微妙な臭いがshock
下界ならチャレンジするのだけれど、山でお腹を壊すのはシャレにならないので泣く泣く廃棄。
予備食のどん兵衛になったとさ。
敗因は保冷剤不足。
軽量化がアダになりましたcrying

 

 

 

8月19日 03:30
予定より寝坊して起床。

 

 

Dsc00725闇に映えるテントの灯り。
昨夜はこの灯りの中、様々な営みがあったのでした。

 

 

 

2012_0819_051342dsc_026005:00
山頂でのご来光には間に合わず、途中で日の出。

 

 

 

Dsc00747朝日に染まる鹿島槍ヶ岳
右が南峰 2889m
左が北峰 2842m
くっきりと山頂が見えています。

 

 

 

Dsc0076405:02 五竜岳 2814m

 

 

 

Dsc00801この日の行程は11時間。
途中険しい箇所を超え




Dsc00806近くに居た人に写真を撮ってもらい

 

 

 

Dsc00809空を見上げるような道を登り

 

 

 

 

Dsc00811北アルプスの稜線歩きを堪能

 

 

 

 

Dsc0082612:10 鹿島槍ヶ岳 北峰2842m
山頂は雲に覆われ眺望ゼロ
山頂を示すものは壊れたコレだけ。
しかも英語・・・・

 

 

 

Dsc0082813:20 鹿島槍ヶ岳 南峰2889m
昼食時に一緒だった彼に写真を撮ってもらう。
朝にはあんなにクッキリと見えていたのに、完全に雲に覆われ眺望ゼロ。
またリベンジにやって来るから待ってろ!鹿島槍!!

 

 

 

 

Dsc0083715:00 冷池(つめたいけ)山荘テント場着
ザックの重さに辟易しながらも、なんとかテント場に到着。
前日隣でテントを張っていた人(タイツが縞々だったので縞レンジャーと命名)
途中で写真を撮って貰った関西の人(ウェアが黒ベースだったので黒レンジャーと命名)
昼食時に一緒だった人(オレンジベースだったのでオレンジレンジャーと命名)
などなど、途中で知り合った人たちと宴会。
色々レンジャーを結成!

 

 

 

 

Dsc00843夕飯はハヤシライス

この日の夜は雨が激しかった・・・・

 

 

 

 

8月20日

Dsc00887テント場から望むご来光

 

 

 

Dsc00879朝日に染まる色々レンジャーと劔岳

 

 

 

 

Dsc00897劔岳!次はお前だ!
いや、来年かな~sweat01

 

 

 

Dsc00905振り返ると昨日は雲の中だった鹿島槍と冷池山荘が見える。

 

 

 

 

Dsc0092007:20 200名山の爺ヶ岳

 

 

 

Dsc0092307:55 種池山荘
『皆一斉に写真を撮る』の図
前々日にこの山荘のテント場に熊が現れ、テント2張りが襲われ、ザックを奪われたとか。
色々レンジャーは緊急対策会議を開き、対応を協議。
結果、クマに遭遇した場合には、アカレンジャーが所持している国産和牛で攻撃する事に。

 

 

 

Dsc00924そして・・・事件は起こった。
この先、右側の茂みの中でうごめく物体。
揺れる木々や葉の動きからかなりの質量がある。
で・出たーーーーーー!!
マジで出た!!!
でも、距離があるので何事も無かったように歩きを進めるのであった(笑)

 

 

 

 

Dsc0093210:40
無事に下山。
疲労困憊の色々レンジャー達。

 

 

 

Dsc0093311:30 信濃大町駅から電車で神城駅まで戻る。

 

 

 

 

Dsc00936コーラがうまい!!!
そして安い!!(笑)
山小屋のコーラは400円です。

 

 

 

 

Dsc00940最後にお風呂で汗を流し、途中食事をし、今回の山は終了しました。
出掛けた時には一人でしたが、帰りは4人に。
素敵な出会いのあった山行となりました。
脚の遅い僕に合わせて頂き、感謝感謝です。

 

 


|東京 埼玉|整体|アロマ|ワックス脱毛|
男性セラピストによるアロマ整体院
すこやかアロマ整体院(Ken's aroma)

 

 

海の日登山

海の日3連休はいかがお過ごしでしたか?
僕は例によって山へと繰り出してきました。
今回行った山は、

悪沢岳 3141m 静岡県
赤石岳 3120m 静岡県・長野県

 

静岡市から北上する事70km
登山口までが長い南アルプスの二山です。
途中、東名高速を走行中、前が見えない程の大雨。
翌日からの行程が危ぶまれます。

 

 

高速を降りて一般道を北上していくと、先日の雨で道路が崩落し通行止めの案内板が・・・。
ナビで迂回路を検討していると、地元の若者が知人に携帯で連絡をし迂回路を教えてくれ、無事通過する事が出来ました。

 

 

7月14日(土)
初日は曇りで雨に降られる事無く山小屋に到着。
今日の小屋は新築で本日オープン予定。
期待に胸膨らませつつ到着してみると、まだ完成しておらず、本日のお泊りは離れの別棟でした・・・。

 

 

7月15日(日)

この日は一日雲の中。
一番眺望のいい日なのですが、雨に強風と、眺望とは一切縁のない一日となりました。

2012_0715_052826dscf5528気分だけは盛り上げて歩を進めて行きます。

 

 

2012_0715_121217dsc_0173日本百名山の一つ赤石岳 3120m 静岡県・長野県

 

 

2012_0715_141143dscf56063000m級の山ともなると、7月でも所々雪が残っています。
この下は川になっていて、踏み抜いたら流されてしまい、凍死は免れないでしょう。

 

 

7月16日(月)
やっと晴れました!
下山日にしてやっと晴れです!!
樹林帯の中を下るだけなので晴れても眺望ありません!!!

 

2012_0716_080553dsc_0198

登山口にあたる椹島。
ここでノンビリとキャンプをするのも癒されますね。

 

 

2012_0716_182206dsc_0203帰りの東名は大渋滞。
横浜町田~御殿場間の約70kmほどは繋がっていたのでは無いでしょうか。

天候不順に大渋滞と、いいとこなしの連休でしたが、いずれまたリベンジで登ってやりますですよ。

 

 

男性セラピストによるアロマ整体院

すこやかアロマ整体院(Ken's aroma)

 

週末登山 その2

2012年6月24日(日)
昨日に引き続き山へ来てしまった僕。
昨夜、下山後に一仕事終えて、殆ど寝ないままに中央道を西に走っていました。
今日の山は八ヶ岳連邦のひとつ、阿弥陀岳。
八ヶ岳と言えば5月の金環日食の時にも来た山。

 

2012_0624_115255dsc_0038Kenちゃん、カップラーメンを食べに山の中の小屋に来たぜぇ~。
ワイルドだろぉ~。
と、流行りネタを披露すべく写真撮影。

 

 

 

2012_0624_130610dscf5111途中、登山道が雪解けの際に崩落。
5月の金環日食の際にこちらからのルートを通る案もあったけど、来なくて正解だった。

 

 

2012_0624_131455dscf5116迂回ルートにはロープが張られる程に急斜面。

 

 

2012_0624_132634dscf5119頂上直下は岩だらけの急斜面で、所々鎖場やハシゴがあり、

 

 

 

2012_0624_140643dsc_0054無事山頂へ。
阿弥陀岳 2805m

 

 

2012_0624_143154dscf5144_2帰りもまた急斜面を降りて行き、無事下山です。

 

 

 

おまけ

2012_0624_210908dsc_0061帰りの高速SAで夕飯。
頼んだのはコレ。

 

2012_0624_200217dsc_0060出てきたのはコレ。
写真と差がありすぎねーーかーーー!

 

 

男性セラピストによるアロマ整体院

すこやかアロマ整体院(Ken's aroma)

 

週末登山 その1

2012年6月23日(土)
梅雨の中休み。
天気もいいので山へGo~。
そう、無謀な週末登山の始まりです。

 

2012_0623_080213dsc_0017週末1日目は山梨と長野の県境にある金峰山へ。
この山は今年の元旦にも来た山で、今回は比較的楽な登山道から登ります。

 

 

 

2012_0623_102542dsc_00274回目ともなると、途中の写真も殆ど無いです(笑)

 

 

2012_0623_104026dsc_0028昼食には山友達お手製のお漬物が付いてご機嫌でした。

 

下山後には一仕事終えてパート2へと続くのでした・・・。

 

 

男性セラピストによるアロマ整体院

すこやかアロマ整体院(Ken's aroma)

 

金環日食登山

皆さんはどこで金環日食をご覧になりましたか?
僕は八ヶ岳山頂(赤岳 長野県・山梨県)にて当日を迎えてきました。

 

 

Dcf001245月の八ヶ岳は中腹からはまだ雪の残る雪山。
準冬山装備で臨みます。

20日(日)は午後から雲が広がり、山頂に着いた夕方には雪がちらつき、日暮れ前には雲の中に包まれ視界はゼロ。
明日の日食は大丈夫だろうか・・・。

 

 

そんな心配をよそに、翌朝は青空が広がり4時過ぎには太陽もしっかりと顔を出した!
いよいよ世紀の天体ショー開始。

 

 

Dcf00121_2 デジカメではこれが精いっぱい。
やはり一眼レフカメラが欲しくなりますね。

 

 

Dcf00085 金環日食中に山小屋をバックに撮影。
次に日本で日食が見れるのは2030年の北海道での金環日食。
18年後・・・64才かぁ。
その頃まで元気に山に登れるように健康に気を付けよう!

 

Dcf00087 八ヶ岳の最高峰、赤岳山頂(2899m)

 

 

男性セラピストによるアロマ整体院

すこやかアロマ整体院(Ken's aroma)

 

 



カード決済可

・VISA 

・MasterCard 

・AMERICAN EXPRESS 

(株)日本アロマ環境協会
(株)日本アロマ環境協会
日本ブラジリアンワックス協会認定サロン
日本ブラジリアンワックス協会認定サロン

日本ブラジリアンワックス協会認定サロン

日本ブラジリアンワックス協会認定スクール

日本ブラジリアンワックス協会認定上級認定講師在籍店

JBWAワクサー衛生管理士在籍店



元気になろう日本

2011年3月11日に発生した東日本大震災によってお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、ご遺族の方々、ならびに被災地の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 

2014年9月27日に起こった御嶽山噴火によってお亡くなりになった方々のご冥福を、同じ山を愛する者としてお祈り申し上げますとともに、ご遺族の方々の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 

2016年4月14日に発生した熊本地震によってお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、ご遺族の方々、ならびに被災地の皆様に心よりお見舞い申し上げます。同じ九州出身者として、一日も早い復興を応援致しております。


Salon Data

営業時間:09:00~29:00(翌5:00am)

定休日:不定休

 

〒359-0024

埼玉県所沢市下安松685-1

ユニオンハイツ101

mail:kens.aroma@gmail.com

LINE:kens-aroma